シミトリーで白斑が起こる可能性?解約の恐れがある?

新美白オールインワンジェルのシミトリーは、敏感肌の方でも使えるような安全を重視して作られたオールインワンジェルです。

そんなシミトリーは美白効果に期待ができる商品ですから1つ気になる事がありますよね。

「シミトリーは効果が高すぎて白斑の副作用は起こらないの?」

といったことです。

「白斑が起きたら解約しないといけないし、定期コースで購入するのは辞めておこうかな」

と考えている方も多いと思います。

そこで、シミトリー白斑の副作用の心配の可能性があるのか、配合成分を調べてみました。

シミトリーの配合成分一覧|危険な成分は入っている?

こちらがシミトリーの配合成分一覧です。

有効成分:アルブチン(ハイドロキノン誘導体)

その他の成分:フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

このような化粧品は、配合成分を全て表示していないものが多いのですが、シミトリーは全ての配合成分を表示していましたので、それだけでも信頼度は高いかと思います。

シミトリーの販売会社である株式会社フォーマルクラインは、株式会社東洋新薬が親会社になっています。化粧品の成分を開発している東洋新薬が親会社ですので、配合成分の透明性を重視しているのかと思われます。

 

肝心な成分の危険性ですが、危険な成分は配合していないことを確認できました。

 

美白効果で心配になるのが白斑ですよね。

数年前にカネボウ化粧品が開発した美白化粧品を使用して白斑の被害が13,000件に起きたという事件がありました。そちらで配合されていた成分は「ロドデノール」です。

シミトリーではロドデノールは配合していませんでした。

 

シミトリーで美白効果にキチイが出来る成分は「アルブチン」です。この成分はハイドロキノン誘導体とも呼ばれる成分です。

ハイドロキノン誘導体に似た名前の成分としてハイドロキノンというものがありますが、そちらとは全く別の成分となっています。

ハイドロキノン誘導体は人間の肌に対して緩やかに働く効果がありますが、ハイドロキノンは漂白成分と同等の美白効果があると言われており、美白効果はピカイチですが、刺激が強く敏感肌の方はおすすめできません。

ハイドロキノンを使用した場合の危険性は以下の通り。

  • 痒み
  • 色素沈着
  • 発がん性
  • 白斑

 

シミトリーに配合されている「ハイドロキノン誘導体」は白斑は起きず安全に作られていますのでご安心ください。

ハイドロキノン誘導体を使用して7つの無添加を実現しているため、安全性が高く作られているため敏感肌や乾燥肌でも使いやすい作りになっています。

ですので、

  1. シミトリーを使用して白斑が起きて解約
  2. シミトリーで肌荒れが起きて解約

といった事はなく安心して使うことが出来るでしょう。